紫外線殺菌装置
純水用
下水用
上水用
食品用
水産用
TOC分解装置

紫外線照射装置

上水用

世界保険機構(WHO)の飲料水水質ガイドラインよれば、クリプトスポリジウム、ジアルジアは赤痢アメーバとともに調査対象の最も優先順位の高い原生動物として取扱われています。
クリプトスポリジウム、ジアルジアの不活性化にはいつくかの方法がありますが、近年、紫外線が最も注目され、米国、カナダ、ドイツ、オーストリアなどのヨーロッパ諸国ではすでに多数導入されています。
UVの優位点はクリプトスポリジウム、ジアルジアの不活性化するのに最も低いコストであり、また、最も少ない設置面積で、さらに、新設の浄水場での設置や改修に優れているところです。